神奈川のパワースポット 箱根神社

箱根というと、紅葉とか美術館というイメージでした

 

 

 

ところが、パワースポット

という枠組みでも重要な場所があるということで

おとずれてみました

 

紅葉の最盛期のシーズンに

訪れたため

道路がところどころ

詰まる場面がありました。

 

本来なら

火山というか、

地球の中のものがわいているという

イメージの大涌谷に行くことも

重症なミッションとなってもよかったんですが

 

知人からの情報と

最近読んだ

『成功している人はなぜ神社に行くのか?』

八木龍平さん著で

箱根神社が紹介されていたことで

箱根神社参拝を優先した旅となりました

 

その八木龍平さんの著書によると

箱根神社に訪問した人に

昔は源頼朝、近年では吉田茂元首相

そして、西武グループの堤義明氏

が書かれていました。

 

成功した人というキーワードに

つられたわけではないんですが

箱根とパワースポットに

つながりのあるイメージが持ちにくかった

ということでした

 

 

前置きはさておき

 

箱根神社は、休日の訪問では

多少駐車場に待ち時間があるのかもしれません

 

車以外での訪問は

なかなか容易ではないようです。

 

車を降りると

高い木々に囲まれています

 

真っ赤な鳥居をくぐると

しっかりとした結界の張られた

氣が感じられました

少々の距離の階段を踏み上ると

エネルギーを感じられる

気持ちのいい参道です

狛犬様の後ろの木がイイ感じの背景となっておりますね

 

境内の入口に近づくと

人が多いながらもすがすがしい

波動に満ちています

箱根神社(はこねじんじゃ)

そらと門のちょうどいい露出の写真が

撮れませんでした。。。

 

拝殿の奥から波動が舞っているよう

 

 

人が多かったので、メインの拝殿の画像がうまく撮れずじまい

 

メインの拝殿の左には

その名の通りの九頭竜から湧き出る清水

龍神水

 

 

こちらの龍神水からは

波動を感じました

 

残念ながら、その右脇にある

九頭竜神社新宮は修繕中で参拝できず。。。

 

そして、さらに右奥のほうに

かすかな氣を

感じたので行ってみると

 

夫婦杉

 

一本の木なのに夫婦?

 

と思ってさらに右に回り込むと

むむっ!

女性のシンボル的な形状

 

ということでしたが

 

ここからの波動は

心地よい加減でございました!

 

パワースポットです!

 

全体的に言えば

本殿の裏のほうから

氣が感じられたので

山岳系神様なのかなぁ

と思ったりしましたが

確認はできませんでした

 

平日の静かな時にいければよいかなぁと

 

 

あなたにおススメのブログ
パワースポットと波動の話

スピリチュアルな話とパワースポットの細かい場所 アメブロ

魂を揺さぶる音楽

セドナ旅行記

 

山梨県 花かげの郷まきおか

山梨県勝沼に住むようになってから

 

富士山が身近に感じられるようになって

 

富士山がきれいにみえることに

 

幸せを感じています

 

 

 

 

 

ある天気のいい日曜日

 

御無沙汰していたお墓参りのあと

 

景色の良い近隣のドライヴに

一人でふらっと。。。

 

 

 

牧丘 道の駅 花かげの郷まきおか

 

 

 

山梨から埼玉の秩父へ抜ける

国道411号線 雁坂みち

雁坂みちの入口近くにある道の駅

花かげの郷まきおか

 

 

施設内の地図によると

いわゆる道の駅の主役

野菜や果物の販売コーナーや

飲食もできる施設は普通にあります

 

 

さらに子供たちが遊べるような

遊具施設もいろいろと

 

 

これは牧丘という町の資料館的な施設

入場料100円

 

この施設の脇を登っていくと

 

 

遊具施設がぽつりぽつりと

すべり台

 

 

 

 

流行りのボルタリング・ロッククライミングの施設

 

 

 

しかし

 

 

 

振り返ってみた壮大な風景こそが

 

この道の駅の最大の主役ではないかなぁ

 

 

富士山!

 

 

そして

 

すぐそばにある

富士見茶屋 いろり

 

 

 

山梨の郷土料理 ほうとう

 

 

 

でもこのお店の主役は

 

富士山を見ながらのお食事

 

 

あとは様々な美術品

 

量も満足の定食を頼んでしまいました

やきもつ定食

 

山梨から埼玉

 

もしくは

 

埼玉から山梨に行く際には

 

お勧めです!

 

長野県のパワースポット 諏訪大社 本宮

映画「君の名は」で

隕石が落ちる湖として

イメージされたとして

聖地巡礼の一か所となっているやらいないやら

 

諏訪湖にほど近い

 

 

suwaimg_8091

諏訪大社(すわたいしゃ)

 

まずは本宮に参拝

 

 

suwaimg_8092

鳥居のすぐそばにある大木も

 

波動が出ています 汗

 

suwaimg_8093

鳥居は大きな石造りですね

 

そして、さすが信濃国の一宮

 

鳥居をくぐると

 

ガラッと氣が変わります

 

しっかりと結界が張られてますね!

 

suwaimg_8094

suwaimg_8095

狛犬様も大きめです

 

 

まず最初に向かうべく手水場なんですが

 

suwaimg_8096

狛犬なのか、獅子様ですね

 

そして、何やら立っているお札

 

明神湯?

 

なんと

 

お湯が湧き出ておりました!

 

寒くなってきたこの季節には最適です!

 

そして、諏訪大社といえば

 

御柱祭(おんばしら)

 

御柱祭(おんばしら)は7年目毎、寅と申の年に行われます。

 

ということで申年の今年行われたわけです

 

鳥居をくぐると

suwaimg_8100

本宮一之御柱

 

suwaimg_8101

と書かれた大きな木が立っています

 

 

このような柱が拝殿を中心に四本

そびえたっています

 

これをそれぞれ第一の柱から

時計回りに一つずつ手で触っていくという

 

お参り

 

まずはここから始める

 

がしかし、境内の案内図を見ると

 

suwaimg_8103

 

二の柱はともかく

三、四の柱は遠くの方にそびえたつ、みたい。。。

suwaimg_8104

神楽殿

suwaimg_8114

 

横から見ると太鼓の周りに

かなり素晴らしい龍神の絵が

 

施されている

suwaimg_8118

他の木に隠れてしまったマスが

本宮二之御柱

suwaimg_8124

御柱の説明書き

 

これによると神域の四隅に置くとされている

 

これは結界の四隅となるのであろうか

 

 

でも、厳密な意味での結界の四隅とは感じられなかった

 

考えるに四隅の柱を中心に

 

波動が発せられ境内の中までは

 

神域が保たれているのではないかとも考えられる

 

suwaimg_8126

やはり、第三之御柱は近寄れないようで

遙拝所の立て札が

しかし、立て札のそばからはあまりよく見えない

 

お札の左に参道入り口があり

 

そこを上がって高いところから見ると

 

かすかに。。。

suwaimg_8127

 

画像では遙拝所のお札の真上当たりの

白っぽい木が

第三之御柱のようである

 

suwaimg_8130

そこから第二之御柱がよく見える

suwaimg_8132

あまり見たことのない紋が入っている御幕

 

御幕をくぐり回廊を歩くと

suwaimg_8137

御柱祭のとともに建て替えられる東御宝殿

 

ここで参拝していると

地元の檀家さんなのか詳しくいろいろ説明していただける

おじさまがいて

 

この間をのぞいてごらんという

suwaimg_8138

奥にある回廊の奥に

ちょっとした御神体となる岩があります

1

硯石(すずりいし)

この硯石がみえるこの場所こそが

 

諏訪大社本宮の

 

一番のパワースポット

 

でした。

 

本来なら

suwaimg_8139

四脚門

というこの扉が開いたときに

正面から見えるということのようです

 

諏訪大社には本殿がありません

 

この奥の山が御神山ということなのでしょうかね

 

でもすると、神域を護る御柱の護る神域とは?

 

いろいろな事情があるようですね。。。

suwaimg_8142

西御宝殿

 

 

 

suwaimg_8151

普通の神社で言えば

拝殿や本殿に入る御幕

suwaimg_8152

硯石に似た手水場

suwaimg_8154

この宝物殿の左脇に

suwaimg_8158

第四之御柱の遙拝所

suwaimg_8162

拝殿

この拝殿を見るところからは

硯石はまみえませんでした。。。

 

でも

 

御柱に護られた神域となる境内をでると

 

すぅーっと

 

氣が引いていくのがわかりました!

 

あなたにおススメのブログ
パワースポットと波動の話

スピリチュアルな話とパワースポットの細かい場所 アメブロ

魂を揺さぶる音楽

セドナ旅行記