京都のパワースポット大原三千院 前編

京都の中でも中心部から離れている仏閣

大原三千院(おおはらさんぜんいん)

参拝したレポートです

まず、こちらへは、バスで近隣の停車場まで訪れそこから歩いて15分くらいかけていくか、車で近隣の駐車場(400~500円)に停めて5分くらい歩いていくかに分かれます。

 

まず、近隣まで来ると

 

梶井門跡三千院の石碑

 

 

 

きれいな苔に覆われた石垣の脇を通り抜けます

 

 

反対側には、お団子屋さんや漬物屋さん、ゆばの小料理屋さんなどがあります。

 

 

御殿門

 

 

    

ここにある門跡とは、

 

天皇が出家して入室したお寺や皇族や公家などが入室したお寺などのことをいうとのこと。

もとは、比叡山にあったそうであるが、各地移動して明治になりこの大原に移られたということである。

 

 

受付にて拝観料700円を払います

 

客殿の中は、撮影禁止となっているので画像はありません

 

 

靴を脱いで客殿に入るとまず

元三大師 角大師が祀られています

 

 

この角大師の護符がお守りとして家の入口に貼られているのを

三千院周辺で見ることができます

 

 

さらに奥に進むと庭を眺めるところがあります。

有料でお茶を出してくれたりしています

 

 

後ほど散策する庭に比べると、少しにぎやかな感じに見えてしまいます

 

その客殿を進んでいきますと

 

宸殿(しんでん)があり、ここでは法要などが行われるそうです

 

こちらにある薬師如来の仏像も透き通った波動を発せられていました

 

宸殿を出まして靴を履くと爽快な庭が広がっています

 

  

冬の時期で雪もないので地味な感じではありましたが、落ち着きのある風情

 

石仏が見守ってくれています

 

 

宸殿(しんでん)

 

さらに進みますと、有清園の中心にお堂があります

 

往生極楽院(おうじょうごくらくいん)

 

阿弥陀三尊坐像を祀ってあります

 

ここが一番のパワースポットです

 

威厳のある阿弥陀様なので波動は重め

 

お堂の周りでも強く感じられ

 

この庭でゆっくりしたい気持ちがすこし落ち着かなく感じました

 

 

 

 

後編に続く

 

あなたにおススメのブログ
パワースポットと波動の話

スピリチュアルな話とパワースポットの細かい場所 アメブロ

魂を揺さぶる音楽

セドナ旅行記

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA